Site cover image

Site icon imageうぇぶすく

無料でWebマーケティングが勉強できる学習サイト「うぇぶすく」へようこそ。

テクニカルSEOガイド

Image in a image block

音声で聞く


テクニカルSEOは、ウェブサイトの技術的側面に焦点を当てた検索エンジン最適化の一部です。

これは、検索エンジンのクローラーがサイトを効率的にクロールし、インデックスするのを助けるためのものです。

以下はテクニカルSEOの主な重要性を示しています。

  1. サイトのアクセス性の向上:テクニカルSEOは、検索エンジンがサイトの各ページを容易に発見し、クロールするのを助けます。
  2. ユーザーエクスペリエンスの最適化:高速なページの読み込み、モバイル最適化、404エラーの削減など、テクニカルSEOは直接的にユーザーエクスペリエンスの向上に寄与します。
  3. ランキングの向上:Googleや他の検索エンジンは、テクニカルSEOの要因をランキングの一部として考慮しています。したがって、テクニカルSEOを最適化することで、検索結果の順位を向上させる可能性があります。

企業のSEO担当者として、以下の役割と責任が期待されます。

  1. テクニカルSEOの監視:サイトの健全性を定期的に監視し、問題を早期に発見して対処すること。
  2. 最適化の実施:サイトのロード速度、クローリング、インデックス作成、モバイル対応など、さまざまなテクニカルSEO要因を最適化すること。
  3. 検索エンジンとのコミュニケーション:サイトマップの提出、ロボット.txtの管理、ペナルティへの対応など、検索エンジンとの適切なコミュニケーションを維持すること。
  4. 内部チームとの連携:開発者、デザイナー、コンテンツクリエーターなど、他のチームメンバーと連携し、サイト全体のSEO戦略を実施すること。
  5. 継続的な学習:検索エンジンのアルゴリズムは常に変化しているため、最新のSEOトレンドやテクニックについて継続的に学ぶこと。

テクニカルSEOの重要性を理解し、企業のSEO担当者としてその役割を果たすことで、ウェブサイトの検索エンジンでのパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。

目次

1. テクニカルSEOとは

Image in a image block

テクニカルSEOは、検索エンジン最適化(SEO)の一部であり、ウェブサイトの技術的な側面に焦点を当てています。

具体的には、検索エンジンのクローラーがウェブサイトを効果的にアクセス、クロール、インデックスできるようにするための最適化を指します。

テクニカルSEOは、サイトのコンテンツや外部リンクとは独立して行われる最適化作業です。

主なテクニカルSEOの要素には以下のようなものがあります:

  1. クローリングとインデックス:検索エンジンがサイトをクロールし、適切にインデックスできるようにすること。これには、robots.txtの最適化やXMLサイトマップの提出が含まれます。
  2. ウェブサイトの構造:URLの構造、内部リンク、サイトの階層など、サイトの構造を最適化してユーザーと検索エンジンの両方にとって使いやすくすること。
  3. ページのロード速度:ページの読み込み速度を最適化することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、検索エンジンのランキングにも寄与します。
  4. モバイル最適化:モバイルデバイスでの表示を最適化し、レスポンシブデザインやAMP(Accelerated Mobile Pages)の採用を検討すること。
  5. セキュリティ:HTTPSを使用してサイトを安全に保つこと。これは、ユーザーの情報を保護するだけでなく、検索エンジンのランキングにも影響を与える要因となります。
  6. 重複コンテンツの問題:同じコンテンツが異なるURLでアクセスできる場合、これを防ぐための対策を講じること。
  7. サイトの健全性:404エラーやリダイレクトの問題、ブロークンリンクの修正など、サイトの全体的な健全性を確保すること。

テクニカルSEOは、ウェブサイトが検索エンジンに適切に評価され、最終的にユーザーに提供される際のユーザーエクスペリエンスを向上させるための基盤となる要素です。この最適化が正しく行われている場合、他のSEOの努力もより効果的になります。

2. サイトの構造とクローリング

Image in a image block

サイトの構造とクローリングは、ウェブサイトが検索エンジンでの最適なパフォーマンスを達成するための基盤となる要素です。

これらの要素を正しく最適化することで、サイトのオンラインでの可視性とトラフィックを向上させることができます。

サイトマップの重要性

サイトマップは、ウェブサイトのすべてのページを一覧化したもので、検索エンジンのクローラーがサイトを効果的にクロールするためのガイドとなります。

サイトマップの主な利点は以下の通りです:

  • 効率的なクローリング:サイトマップがあると、検索エンジンは新しいページや変更されたページを迅速に検出できます。
  • サイトの階層の理解:サイトマップは、サイトの構造と関連性を検索エンジンに示すのに役立ちます。
  • 新しいサイトの発見:新規ウェブサイトや新規ページが迅速に検索エンジンに認識されることを助けます。
ロボット.txtの役割

robots.txtは、ウェブサイトのルートディレクトリに配置されるテキストファイルで、検索エンジンのクローラーにサイト内のどのページをクロールすべきか、またはすべきでないかを指示します。

主な機能は以下の通りです:

  • ページの排除:特定のクローラーやすべてのクローラーがアクセスすべきでないページやディレクトリを指定できます。
  • クロールの頻度の制御:クローラーのアクセス頻度を制限して、サイトのサーバーへの負荷を軽減することができます。
  • サイトマップの場所の指示:robots.txt内でサイトマップのURLを指定することで、クローラーにサイトマップの場所を知らせることができます。
クローラーとのやりとりの最適化

検索エンジンのクローラーとのやりとりを最適化することで、サイトの検索エンジンでの表示を向上させることができます。そのための方法は以下の通り:

  • クローリングバジェットの最適化:ページのロード速度の向上や不要なページのクロールの排除などで、クローラーがサイト内での効果的な動きをするようにします。
  • 301リダイレクトの使用:ページのURLが変わった場合、正しくリダイレクトを設定してクローラーとユーザーを新しいURLに誘導します。
  • canonicalタグの使用:重複コンテンツを持つページが存在する場合、正しいページを検索エンジンに示すためにcanonicalタグを使用します。

3. ウェブサイトの速度最適化

Image in a image block

ウェブサイトの速度は、ユーザーエクスペリエンスの向上や検索エンジンランキングの上昇に寄与するため、定期的な最適化が必要です。

上記のテクニックを適切に利用することで、サイトのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。

ページのロード速度の重要性

ページのロード速度は、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスや検索エンジンランキングに直接影響を与える重要な要素です。

以下は、ロード速度の重要性を示す主な理由です。

  • ユーザーエクスペリエンスの向上:速いページの読み込みは、ユーザーがサイトでの滞在時間を延ばし、コンテンツへのエンゲージメントを高めることを助けます。
  • バウンス率の低減:遅いページのロード速度は、ユーザーがサイトを早く離れる原因となり、バウンス率の上昇を引き起こす可能性があります。
  • 検索エンジンランキングの向上:Googleをはじめとする検索エンジンは、ページのロード速度をランキングの要因として考慮しています。したがって、速度の向上は検索エンジンでの順位を向上させる可能性があります。
速度向上のための基本的なテクニック

ウェブサイトの速度を向上させるためのテクニックは多岐にわたりますが、以下はその中でも特に効果的な基本的なテクニックをいくつか挙げます。

  • 画像の最適化:画像のサイズやフォーマットを最適化し、必要最低限のクオリティで表示することで、ページのロード時間を短縮します。
  • キャッシングの利用:ブラウザキャッシュを利用して、頻繁にアクセスされるページやリソースを高速に読み込むようにします。
  • CDN(Content Delivery Network)の利用:地理的に分散されたサーバーを使用して、ユーザーに最も近いサーバーからコンテンツを配信することで、ページの読み込み速度を向上させます。
  • 不要なプラグインやスクリプトの削除:ウェブサイト上で使用していない、または必要のないプラグインやスクリプトを削除することで、ページのロードを高速化します。
  • コードの最適化:CSSやJavaScriptのコードを圧縮・最適化することで、ページの読み込みを高速にします。

4. モバイルフレンドリーな設計

Image in a image block
レスポンシブデザインの重要性

レスポンシブデザインは、ウェブサイトが様々なデバイスの画面サイズに適応して表示される設計方法です。

以下は、レスポンシブデザインの重要性を示す主な理由です。

  • ユーザーエクスペリエンスの向上:スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスでの閲覧が増加している現代において、ユーザーに最適な表示を提供することで、サイトの利用率やコンバージョン率を向上させることができます。
  • 検索エンジンランキングの向上:Googleをはじめとする検索エンジンは、モバイルフレンドリーなサイトを高く評価しています。レスポンシブデザインは、この要件を満たすための最適な方法の一つです。
  • 管理の効率化:同じコンテンツを異なるデバイス向けに複数のバージョンで管理する必要がなく、更新や改善が一元的に行えます。
モバイルのSEOの特徴と対策

モバイルのSEOは、デスクトップのSEOとは異なる特徴や要件を持っています。以下は、その主な特徴と対策です。

  • 表示速度の最適化:モバイルデバイスでは、ネットワークの速度が遅い場合があるため、ページのロード速度の最適化は特に重要です。
  • タップ可能な要素の最適化:モバイルデバイスの画面は小さく、指での操作が主なため、ボタンやリンクは十分な大きさで配置する必要があります。
  • フラッシュの非使用:多くのモバイルデバイスではフラッシュがサポートされていないため、フラッシュを使用したコンテンツは避けるようにしましょう。
  • ローカルSEOの最適化:モバイルユーザーは、地域に関連した検索を行うことが多いため、ローカルSEOの最適化が必要です。

5. サイトのセキュリティ

Image in a image block

サイトのセキュリティは、ユーザーの信頼性を確保し、ビジネスの信頼性を向上させるための基盤となります。

HTTPSの導入は、現代のウェブサイトにとって必須の要件となっています。

HTTPSの重要性

HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)は、ウェブサイトとそのユーザー間の通信を暗号化するためのプロトコルです。以下は、HTTPSを導入することの主な利点です。

  • データの保護:HTTPSは、ユーザーが入力する情報(例:ログイン情報、クレジットカード情報など)を第三者からの不正なアクセスや盗聴から守ります。
  • 信頼性の向上:ウェブサイトがHTTPSを使用していることは、ユーザーに安全性と信頼性を示すものとなり、特にEコマースサイトなどでのコンバージョン率の向上に寄与します。
  • 検索エンジンランキングの向上:Googleをはじめとする検索エンジンは、HTTPSを使用しているウェブサイトを高く評価しています。したがって、HTTPSの導入は検索エンジンランキングの向上にも寄与します。
セキュリティ証明書の取得方法

ウェブサイトでHTTPSを使用するためには、SSL/TLS証明書(通常、SSL証明書と呼ばれる)が必要です。以下は、その取得方法の基本的なステップです。

  • 証明書発行機関(CA)の選択:多くのCAがSSL証明書を提供しています。需要や予算に応じて、適切なCAを選択します。
  • CSR(Certificate Signing Request)の生成:ウェブサーバー上でCSRを生成します。これには、ウェブサイトの情報(例:ドメイン名、組織名など)が含まれます。
  • 証明書の申請:生成したCSRを使用して、選択したCAにSSL証明書を申請します。
  • ドメインの確認:CAは、ドメインの所有者であることを確認するための手続きを行います。
  • 証明書のインストール:CAから発行されたSSL証明書をウェブサーバーにインストールします。
  • HTTPSの有効化:ウェブサーバーの設定を更新して、HTTPSを使用するようにします。

6. 重複コンテンツの問題と対策

Image in a image block

重複コンテンツは、検索エンジンランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、定期的に検出し、適切な対策を講じることが重要です。

重複コンテンツの検出方法

重複コンテンツとは、ウェブサイト内や異なるウェブサイト間で同じまたは非常に似たコンテンツが存在することを指します。これはSEOに悪影響を及ぼす可能性があります。以下は、重複コンテンツを検出するための方法です。

  • 検索エンジンを使用:特定の文章やフレーズを二重引用符で囲んでGoogleなどの検索エンジンで検索することで、同じ内容が他の場所に存在するかを確認できます。
  • 専用ツールの利用:「Copyscape」や「Siteliner」などのオンラインツールを使用して、ウェブサイト全体の重複コンテンツを検出することができます。
  • Google Search Console:Google Search Console内の「HTMLの改善」セクションをチェックすることで、重複するタイトルタグやメタディスクリプションを確認できます。
canonicalタグの使用方法

<link rel="canonical">タグ(通常、canonicalタグと呼ばれる)は、同じ内容のページが複数存在する場合に、どのページを「正規」として検索エンジンに認識させるかを指定するためのHTMLタグです。

  • 正規ページの指定:重複するページの中で、正規として認識させたいページのURLをcanonicalタグに指定します。例:<link rel="canonical" href="https://example.com/original-page/">
  • 各重複ページに追加:重複するすべてのページの<head>セクションに、上記のcanonicalタグを追加します。
  • 絶対URLの使用:canonicalタグには絶対URLを使用することが推奨されています。

canonicalタグの使用は、重複コンテンツによるSEOの悪影響を避けるための効果的な方法です。ただし、正しく使用しないと逆効果となる可能性もあるため、注意が必要です。

7. 構造化データとリッチスニペット

Image in a image block

構造化データとリッチスニペットは、ウェブページのコンテンツを検索エンジンにより明確に伝え、ユーザーに対してより魅力的な検索結果を提供するための重要な手段となっています。

適切に実装することで、検索エンジンランキングやクリックスルー率の向上に寄与する可能性があります。

Schema.orgとは

Schema.orgは、Google、Microsoft、Yahoo!、Yandexなどの主要な検索エンジンが共同で開発した、ウェブページのコンテンツを構造化して記述するための語彙を提供するイニシアティブです。

この語彙を使用して、ウェブページのコンテンツを検索エンジンが理解しやすい形式でマークアップすることができます。

Schema.orgを利用することで、検索エンジンはページのコンテンツに関する詳細な情報を取得でき、その結果、検索結果ページでの表示をリッチスニペットとして向上させることが可能となります。

構造化マークアップの実装方法

構造化マークアップをウェブページに実装するための基本的な手順は以下のとおりです。

  • 適切なタイプの選択:Schema.orgには多数のタイプ(例:「Article」、「Product」、「Event」など)が定義されています。ウェブページのコンテンツに合わせて、最も適切なタイプを選択します。
  • マークアップの追加:選択したタイプに基づいて、ウェブページのHTMLに構造化データを追加します。これは、JSON-LD、Microdata、RDFaなどの形式を使用して行います。
    • JSON-LD:現在、Googleなどの主要な検索エンジンが推奨する形式。<script>タグ内にJSON形式でデータを記述します。
    • Microdata:HTMLタグに直接属性を追加することでデータをマークアップします。
    • RDFa:HTMLやXMLのタグに属性を追加することでデータをマークアップします。
  • テストと確認:マークアップが正しく行われているかを確認するために、Googleの「構造化データテストツール」などのツールを使用してテストします。

8. 404エラーとリダイレクトの最適化

Image in a image block

404エラーとリダイレクトは、ウェブサイトのユーザーエクスペリエンスとSEOの両方に影響を及ぼす要素です。

これらを適切に最適化することで、訪問者の滞在時間の延長や再訪問率の向上などの効果を期待することができます。

正しいリダイレクトの方法

リダイレクトは、ウェブページのURLが変更された場合や、コンテンツが別のページに移動された場合に、訪問者や検索エンジンを新しいURLに自動的に誘導するための手段です。

  • 301 Moved Permanently:ページが恒久的に新しいURLに移動された場合に使用する。これは検索エンジンに「このページは永遠にここに移動しました」と伝える方法であり、SEOの観点からも推奨される方法です。
  • 302 Found (または 302 Moved Temporarily):ページが一時的に別のURLに移動された場合に使用する。ただし、恒久的な移動の場合は301リダイレクトを使用すべきです。

リダイレクトを実装する際は、ウェブサーバーの設定や.htaccessファイル、プログラム言語(例:PHPやJavaScript)を使用する方法があります。

404ページのカスタマイズとユーザーエクスペリエンス向上

404エラーページは、訪問者が存在しないページにアクセスしようとしたときに表示されるページです。

デフォルトの404ページはあまりユーザーフレンドリーではないため、カスタマイズして訪問者のユーザーエクスペリエンスを向上させることが推奨されています。

  • 明確なメッセージの表示:「ページが見つかりません」というメッセージを明確に表示し、訪問者が何が起こったのかを理解できるようにします。
  • デザインの統一:404ページもウェブサイトの他のページと同じデザインやブランドを持つことで、プロフェッショナルな印象を与えます。
  • ナビゲーションの提供:メインメニューやサイトマップへのリンクを提供し、訪問者が他のページに簡単に移動できるようにします。
  • 検索バーの追加:訪問者が探しているコンテンツを再検索できるように、検索バーを404ページに追加します。

9. テクニカルSEOツールの紹介

Image in a image block

テクニカルSEOの監視や最適化のためには、専用のツールが必要不可欠です。以下は、テクニカルSEOの分析や監視に役立つ一般的なツールのいくつかです。

  • Google Search Console:Google提供の無料のツールで、ウェブサイトの検索パフォーマンスやクロールエラーなどの情報を確認することができます。
  • Screaming Frog SEO Spider:ウェブサイトをクロールし、リダイレクト、404エラー、重複コンテンツなどの問題を検出するためのデスクトップツールです。
  • SEMrush:競合分析やキーワードリサーチのほか、テクニカルSEOの問題点を検出する機能も持つ包括的なSEOツールです。
  • Ahrefs:バックリンク分析やキーワードリサーチに優れているほか、サイトオーディット機能でテクニカルSEOの問題を検出できます。

10. 定期的な監視と更新

Image in a image block

ウェブサイトは常に変化しており、新しいコンテンツの追加やサイト構造の変更、外部からのリンクの増減など、様々な要因によりSEOに関する問題が発生する可能性があります。

そのため、定期的な監視は以下の理由で非常に重要です。

  • 問題の早期発見:定期的な監視を行うことで、問題が小さいうちに対処することが可能となり、大きなトラブルを回避できます。
  • ランキングの維持・向上:SEOの問題が放置されると、検索エンジンランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。定期的な監視と最適化により、ランキングの維持や向上を図ることができます。
  • ユーザーエクスペリエンスの向上:テクニカルSEOの問題が解消されることで、訪問者のウェブサイトでの体験が向上します。これにより、コンバージョン率の向上や再訪問率の増加などの効果が期待できます。

テクニカルSEOは、ウェブサイトの健全性やパフォーマンスを維持・向上させるための重要な要素です。

専用のツールを活用し、定期的に監視と最適化を行うことで、ウェブサイトの成功に大きく寄与することができます。